• 複製
    修理代が高くついてしまう、故障によるトラブルから開放されたいという方は、破棄するという判断もあるでしょう。
  • プリントボタン
    故障したプリンターを修理せずに破棄するという選択をした時に、破棄する方法で悩むこともあるでしょう。
  • ボタン操作
    ここまで紹介をしてきて、プリンターが故障した際に修理や破棄など様々な対応があるということがお分かりいただけたかと思います。
  • 印刷開始
    一般的には、プリンターが故障した場合はメーカーに修理を依頼します。

互換インク

コピー機

プリンターのインクが高いなぁと感じたことの有る方もいるかと思います。
メーカーの推奨している純正のインクはやはり値が張ってしまいます。それに比べて互換インクは純正のインクの半額ほどで買えることもあります。
コスト削減の為に互換インクを使いたくなっても、心配な点があります。
メーカー推奨の純正のインクを使わなかった場合、故障が起きた際に自己責任となり保証がきかなくなってしまうのです。結局修理費が払えなくて破棄して安い中古を購入するといったことになりかねません。

しかし、プリンター修理の業者であれば互換インクを使っていても変わらずに安い値段で修理を行ってくれます。

もしも、自分が使っているプリンターが故障してしまった場合は業者に依頼しようと考えている方は、純正のインクではなく互換インクを使ったほうがランニングコストが安くなるかもしれません。

最後に

Enter

ここまで紹介をしてきて、プリンターが故障した際に修理や破棄など様々な対応があるということがお分かりいただけたかと思います。
プリンターの状態によっても、対応が変わってくるので、なかなか判断が難しいところだと思います。

そんなときは相談無料で、見積も無料で行ってくれる業者もあります。相談できる相手が出来るだけでも心強いかと思います。
状況にあった賢い判断をするためにも、一度業者に相談してみてはいかがでしょうか。

破棄の方法

女性の笑顔

故障したプリンターを修理せずに破棄するという選択をした時に、破棄する方法で悩むこともあるでしょう。
破棄をするにもお金がかかったりしますが、引き取ってくれる業者に依頼すれば無料で破棄してくれることもあります。
それどころか、プリンターの状態や使用年数によっては買取といった対応をしてくれる業者もあります。

破棄での出費を抑え、逆にちょっとした収入となる可能性があるので、一度業者に相談してみましょう。

破棄

コピー書類

修理代が高くついてしまう、故障によるトラブルから開放されたいという方は、破棄するという判断もあるでしょう。
修理費用の値段は変わらないものの、プリンターの値段自体は安くなっています。

故障、修理、故障、修理を繰り返すよりも、保証付きの新品を購入するという判断も賢明です。

様々な故障

書類

一口に修理と言っても、様々な故障が考えられます。
廃インク吸収体の吸収体がが満タンになってしまったという程度であれば、廃インク吸収体を交換するだけですのでさほどコストはかかりません。
また、紙詰まりや、内部の汚れを取り除く清掃作業、外れてしまった部品を取り付けるだけといった、部品交換を伴わない修理であればさらに安くなります。
しかし、インクジェットプリンター、スキャナーなどに破損が見つかった場合は部品交換が必要ですので、部品代がかかってしまいます。
そして、レーザープリンターなどが破損していた場合は、破損部品の交換、工賃も発生します。

破損部分が数カ所あり、工賃と出張費を合わせた時のコストを考えた場合は破棄して購入をしても良いかもしれません。